1stステージ

フェスティバルを盛り上げるパフォーマンスステージ出演グループをご紹介。
フードや展示ブースの広がるエリアにある1stステージでは様々な地域や民族のパフォーマンスが繰り広げられます。見応え十分!お見逃しなく!
(出演者の掲載は随時更新します。)

 

姜輝鮮朝鮮舞踊研究所

%e5%a7%9c%e8%bc%9d%e9%ae%ae%e6%9c%9d%e9%ae%ae%e8%88%9e%e8%b8%8a%e7%a0%94%e7%a9%b6%e6%89%80

1980年に日本初の朝鮮舞踊研究所を設立して以来、優雅で美しい朝鮮舞踊の伝統を受け継ぎ、現代感覚に発展させたテクニックと、バレエテクニックを用いた公演を国内外でおこなっています。年に一回の発表会はもとより、中国、アメリカ、韓国、朝鮮民主主義人民共和国などで行われた公演は、各国で高い評価を受け、舞を通じて伝えられる「祖国の平和統一」を願うメッセージは、本国朝鮮半島でも多くの人々の心に深い感動を与えました。
http://www.narusae.com/top.html

 

タッサニータイ舞踊団

%e3%82%bf%e3%83%83%e3%82%b5%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%a4%e8%88%9e%e8%b8%8a%e5%9b%a3

代表者のタッサニー村木はタイ南部プーケット島近くのクラビ県で生まれ、12歳よりタイ国立舞踊専門学校にて本格的なトレーニングを積む。1993年ラムカムヘン大学卒業後に来日し、日本語学校等で日本語を学ぶ。
1996年3月タッサニー・タイ舞踊団を結成。タイ舞踊教室のほか、関西を中心に多種多様なステージ活動・テレビ出演を行う。主な活動のステージはアジアン・フェア、各博覧会、夢交流博等。タイ王国総領事館からの要請依頼も多くNHKにも出演し、国際交流など全国的に幅広く活動中。タイ国立舞踊学校との交流会を開催するほか、留学の紹介なども行っている。
http://hccweb.bai.ne.jp/~hdd62501/tasani.html

 

ハンマウム (在日コリアン青年ユニット)

ハンマウム(一つの想い)を胸に、朝鮮半島の伝統音楽が大好きな在日コリアン青年が集まり、筆峰風物(ピルボンプンムル)を演奏します。朝鮮半島に伝わる風物(プンムル)は地方によってスタイルが違いますが、筆峰風物は湖南左道(ホナムチャド)地方に伝わるプンムルです。軽快なリズムに鮮やかな衣装、コッカル(頭の被り物)。一緒にウリカラク(私たちのリズム)を楽しみませんか?♫

 

沖縄エイサー(関西沖縄文庫)

エイサーは、ある沖縄青年の無念の死を契機に沖縄の誇りを取り戻し、自信を持とうと「沖縄青年の祭り」として1975年に始まりました。その小さな祭りは沖縄青年にとって大きな力を生むものでした。初期のころの自己防衛の意味あいから、40年という年を重ねて「エイサー祭り」と名称を変え、現在は2万人規模の祭りとなり「異和共生」へと向かっています。多様な大阪の文化のひとつとして演じます。

関西沖縄文庫
http://okinawabunko.com/about/28.htm

 

和太鼓ユニット「絆」

kizuna

私たち和太鼓ユニット‐絆‐は、大阪を拠点に活動している6つの和太鼓集団「怒」「疾風」「鼓吹」「魁」「獅子」「蛍」の合同ユニットです。それぞれが大阪の各地で活躍をしており、地元を大切にしながら和太鼓を通じて「人権・反差別・平和」を訴えて活動しています。
6つの太鼓集団が同じ思いを持ち、長年交流しながら「時には良きライバルであり」「時には良き仲間であり」互いを高め合いながら活動してきました。それぞれの太鼓集団の特徴が「混ざり合い、ぶつかり合い、化学反応を起こしていく」、「打ち手たちがその中で成長してく」、「そのパワーの集合体が舞台で表現されていく」、どんどん成長してくこの和太鼓ユニット‐絆‐をこれからも楽しみにしてください。

太鼓集団「怒」(いかり)
太鼓サークル「蛍」(ほたる)
太鼓集団「魁」(さきがけ)
浅香太鼓集団「獅子」(しし)
北芝解放太鼓保存会「鼓吹」(こぶき)
太鼓集団「疾風」(かぜ)

その他の出演グループ

中国龍獅舞/フィリピンダンスカンパニー/インドネシア伝統舞踊/ムスリム文化紹介コーナー